矯正歯科Orthodontic dentistry

矯正歯科

矯正歯科

虫歯矯正歯科

顎骨の拡大と成長が期待できる幼少期から行うⅠ期治療と、成長や歯の生えかわりが終了してから行うⅡ期治療、補綴治療の必要により行うⅢ期治療まで幅広く対応しております。
見た目の美しさはもちろん、毎日の歯ブラシでプラークコントロールがしやすく、口腔容積を確保し呼吸の機能、咬合力のバランスを良くして歯や歯ぐきの負担を軽減する、咀嚼機能の改善、発音障害の改善、詰め物・かぶせ物が長持ちするなど、歯の位置異常にある問題点に対処ができます。

毎週水曜日(17:00~)、土曜日(月1回)東京医科歯科大学の矯正認定医(日本矯正科学会認定医)が診察致します。
矯正相談は随時行っております。



→矯正担当の先生ご紹介

矯正歯科

症例

■治療期間:約2年
■治療費用:約80万円
■治療に伴うリスク・副作用:術後の一時的な痛み
矯正前

矯正前

矯正後

矯正後

矯正治療を始める時期

矯正治療を始める時期はとても重要です。幼少期から行うⅠ期矯正治療と成長や歯の生えかわりが終了してから行うⅡ期矯正治療があり、それぞれ特徴があります。

Ⅰ期矯正治療(幼少からの矯正治療)
Ⅰ期矯正治療では、まだ生えかわりの途中で、顎の成長が終了していないため、最終的な治療のゴールは確定できません。
しかし、Ⅱ期矯正治療(生えかわりや成長が終了してから行う矯正治療)へ向けてⅠ期矯正治療を行うことで、抜歯を避ける治療や顎の成長をコントロールして良好な骨格を誘導することが可能になる場合があります。

Ⅰ期矯正治療では、主に取り外せる装置を使用するため、トラブルや痛み、むし歯のリスクが少ない特徴があります。

Ⅱ期矯正治療(生えかわりや成長が終了してから行う矯正治療)
近年では、生えかわりや成長が終了する時期だけでなく、成人になってから矯正治療を行う患者さんも増えてきています。装置の種類も裏側につける目立たない矯正器具や、透明なマウスピースで行う矯正治療など、状況にあった様々な矯正器具が登場しています。

Ⅱ期矯正治療(生えかわりや成長が終了してから行う矯正治療)

当院ではできる限りご自身の歯を活用する方法を推奨しています。従来の矯正治療では、歯を数本抜き、他の歯を並べるスペースを確保した上で、ワイヤー矯正などを行っていくのが一般的でした。しかし、近年、歯を1本でも多く残そうという考え方が広がっており、当院でもできるだけ歯を残す方針で矯正歯科治療を行っており、最新の歯科矯正用アンカースクリュー(矯正用のインプラント)などを併用して抜歯を回避できる場合もあります。

また、海外では矯正をすることが当たり前とされる地域も多く、矯正をしていない事自体が大きく印象を損ねる場合もございます。
国際化が進む世の中で、成人の方の矯正は、ただ歯をきれいにするだけはない意味を持ち始めています。
歯並びを気にされている方は、ぜひご相談ください。


Ⅱ期矯正治療(生えかわりや成長が終了してから行う矯正治療)

部分矯正

全体的に治療する必要がない場合には、部分的に治療を行うことも可能です。

成人矯正

当院ではご自身の歯を活用する方法を推奨しています。

従来の矯正治療では、歯を数本抜き、他の歯を並べるスペースを確保した上で、ワイヤー矯正などを行っていくのが一般的でした。
しかし、近年、歯を1本でも多く残そうという考え方が広がっており、当院でもできるだけ歯を残す方針で矯正歯科治療を行っています。

エクストリュージョン

歯の上部が損なわれ、歯根だけが残っている場合などには、抜歯するのが一般的です。しかし当院では抜歯はせず、ワイヤーとゴムを使って歯肉の中の歯を引っ張り出し、歯根の頭を使用してクラウンを被せるなどの治療を行う「エクストリージョン」という方法を取っています。ケースバイケースであり、必ずしも適用できるとは限りませんが、できるだけご自身の歯を活用できるよう治療法を選択しています。

アベニュー歯科クリニック

一般歯科をはじめ小児歯科、予防歯科、義歯、インプラント、美容歯科、セレック、矯正歯科など、幅広い診療に対応

お問い合わせ・予約受付
TEL03-5935-7555

アベニュー歯科クリニック

診療時間
9:00 - 13:00 / /
14:30 - 18:00(水14:30 - 18:30) / /

休診:木曜・日曜・祝日
7月より木曜日も診療いたします